成功につながる、たった2つのポイント

◆きっかけは「何とかしなくちゃ!」という強い気持ち
◆たった2つのポイントとは?
◆「知っている」より「やっている」か?

 

こんにちは。よしえです。

今日もブログに訪問してくださって、
どうもありがとうございます。

突然ですが、質問です。
(ホントに突然ですみません)

あなたには
「これをやりきった!」
「成功した!」
という経験がいくつありますか?

私には・・・
以前お話しした高校受験のこと
最近ではダイエットのことが
真っ先に思い浮かびます。

42a06380b6696fb6e8fc05d79885c70d_m

 

きっかけは「何とかしなくちゃ!」という強い気持ち

ダイエットに挑戦したことがある方。
かなり多いと思います。

きっかけはいろいろあるでしょう。

薄着の季節が近づいてきたから。
健康診断の結果が良くなかったから。
結婚式を挙げることになったから。
などなど・・・

私の場合は、
「このままじゃ着る服がなくなる・・・!」
という危機感からでした。

それまでの私は
普通のお店で服を買えませんでした。

デザインよりも、
自分が着られるサイズかどうか?
が選ぶ基準だったのです。

だから、
大きいサイズを扱う店でしか、
服を買うことはできませんでした。

「何とかしなくちゃ!!!」

そんな私が一念発起して、
ダイエットに励みました。

パーソナルトレーナーのもと、
週1〜2回の筋トレと食事管理をおこないました。

期間は約3か月。

その時は、必死でした。

「絶対にスタイルを良くする!」
「着たい服を着られるようにする!」

そんな思いで頑張っていました。

 

たった2つのポイントとは?

結果は18キロ減。

30代後半で、この結果。
我ながらすごいと思います。

その時の自分を振り返って、
何が成功のポイントだったか?
それを考えてみました。

 

1つは、
素直な気持ちで行動したこと。

トレーナーさんは、
私よりも年齢がかなり年下でした。

正直、
「あ、それ知ってる」
と思う内容の知識もありました。

でも、トレーナーさんを信頼して、
アドバイスを素直に聞きました。

高額な料金を払っていたこともあって、
(言い方は良くないかもしれませんが)
「トレーナーさんを利用しよう」
と思ったのです。

トレーニング中も息が上がりながらも、
合間にいろんな質問をしました。

そして、アドバイスをもらったら、
必ずやってみました。

 

もう1つは、
徹底して行動したこと。

同じジムに行っている人から
いろんな情報を聞きましたが、
トレーナーによって
アドバイスが違うこともあったようです。

でも私は、
自分のトレーナーさんが言うことを
徹底して守りました。

他の方法やアドバイスに惑わされず、
しっかりと実践したわけです。

 

「知っている」より「やっている」か?

これらの成功したポイント、
アフィリエイトにも通じるところがあります。

まずは言うまでもなく、
実績を出している人から教わるのが
何よりも大切です。

「知っている」
「やっている」

ここには大きな違いがあります。

実績を出している人は、
「知っている」だけでなく
「やっている」んですよね。

156

あなたが
「この人から教わったことはやる!」
と決めたら、
まずは素直な気持ちでやってみる。

そして、
徹底して行動する。

やっていくうちに、
くじけそうになったり、
疑問が出てきたりします。

そうしたらその都度
質問すればいいんです。

この繰り返しで
小さな成功が増えていきます。

それらが自分の自信となり、
大きな成功へとつながるのです。

 

ちなみに・・・

そんな大きな成功へとつなげるため、
行動の指針となっているのは、
こちらのアフィリ塾です。
↓ ↓ ↓
wiil be innovation

 

 

 

最後まで読んでくださって
ありがとうございます!
参考になりましたら、ぜひクリックをお願いします。
↓ ↓ ↓

 

 


2014-10-29 | Posted in will be innovation, 成功の秘訣2 Comments » 

関連記事

コメント2件

 y.m | 2014.10.31 0:08

こんばんは。
素直に信じて、そして、やってみる
目が覚めるような思いと同時に、共感しました!!

ほんとうにそうですね。
やってもみなけりゃ、良いものもわるいものも
結果はでないですもんね。

このことを忘れず、挑戦し続けていきたいと思います。

ありがとうございました。

 kumanek | 2014.10.31 1:13

y.mさん

コメントをありがとうございます!

「素直な気持ち」
「挑戦し続ける」
これができたら、本当に最高だと思っています。

また気づきにつながるようなことがありましたら、
ぜひコメントをお待ちしています。
これからもよろしくお願いいたします。

Comment





Comment