分かりやすい表現、できていますか?|家族の入院で感じたこと

こんにちは。 よしえです。

父が昨日、入院しました。

3480aafe9950417a051775c973327a34_m

父は約2年前に
末期の前立腺ガンと診断されました。

前立腺ガンは、
加齢と男性ホルモンが影響している
と言われています。

現在父は、3か月に1度、
男性ホルモンの作用を抑えるために、
注射をしています。

今回の入院では
男性ホルモンの作用を抑える注射を
しなくてもいいように手術をするのです。

昨日、入院。
今日、手術。
明日、退院。

なかなかタイトなスケジュールです。

でも。

入院期間が短くてすむので、
私も母もそれほど不安を感じていません。

 

昨日、主治医から
手術の説明を受けました。

その時
分かりやすい表現って何だろう?
と考えてしまいました。

 

分かりやすい表現かを決めるのは相手

手術の説明は、
次のような感じで進められました。

1)外来の先生からどんなふうに説明を受けたか?
2)入院前に行なった2つの検査結果について
3)そもそも、前立腺ガンってどういうものか?
4)実際にどういう手術をするのか?

1)については、
問題なく進みました。

外来の先生に言われたことを
そのまま伝えるだけですから、
難しいことではありません。

問題は、この先からでした。

2)の検査結果の話にうつると、
とたんに医学用語の嵐に・・・

父と母はやや前のめりの姿勢で
説明を聞いていました。

それが、椅子に座り直したり、
腕組みを始めたりして、
だんだんと様子が変わっていきました。

3)の前立腺ガンの話では、
二人が取り残されているのが分かりました。

ああ、話聞いてないな・・・

そう感じました。
だから、最後に質問しようと決めました。

 

ひととおり説明があった後、
「何か質問はありますか?」
とお決まりのフレーズが。

父も母も
「はあ、ないです・・・」
とフワフワした話し方で答えました。

私は、3つ質問しました。

「アクティブな細胞って、
活発になっているがん細胞のことですか?」

「今回の手術の目的は睾丸をとることと、
治療の経過を確認する検査を行うことの
2つなのですね?」

「先日の検査で見つかったがん細胞については、
今後の経過を見ながら治療方法を決めるのですね?」

私の質問に対して、
先生はきちんと答えてくれたので
結果としては納得できました。

 

分かりやすい表現は、こういう意識を持てば生まれます

説明を終えて病室に戻ってから、
父と母に聞きました。

「説明、分かった?」

すると、二人の口からは
「全然分からなかった」
「途中で、聞く気がなくなった」
という言葉が返ってきました。

聞く気がなくなった、って
さらっと言ってますけども・・・

これは、怖いことですよね。

だって、
「命を預ける相手」の話を聞く気がないって、
信頼していないことになりませんか・・・?

そしてこれは、
ブログ等でも通じることだと思いませんか?

 

 

アフィリエイトのようなネットビジネスでは、
アルファベットで表記される言葉が多いです。

「意味を良く分からないで使ってない?」
と思うような場面も見かけます。

そんな専門用語などを、
相手に分かりやすく伝えるためには、
どうしたらいいのか?

毎回毎回考えます。

そこでいつも意識していることがあります。
それは、

相手が分かるように説明できなければ
自分が理解していないのと同じ

・・・ということです。

私自身、Webの仕事を友人に話す時、
「え?それってなに?」
と毎回細かい説明を求められます。

それを説明する時、
難しいなと思います。

普段は何気なく使っている言葉が、
他の人にとっては、
何かの暗号のように聞こえてしまうのです。

でも、その度に、
相手が分かるように説明できなければ
自分が理解していないのと同じ

を思い出すことができます。

今回の主治医の説明も、
普段は何気なく使っている言葉だったはずです。

だからこそ、
意識して言葉を選ばないと
相手には伝わらないのでしょう。

 

こういっている私のブログでも、
「何言ってるか、よく分からない」
というところがあるかもしれません。

そんなときはお手数ですが、
メール等で質問をいただけると、
とてもありがたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて。
午後からは、父の手術です。

激励とまではいかないかもしれませんが、
頑張る父を見守ってきます。

退院したら、父が好きなお寿司食べに行くので、
頑張ってもらわないと!

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ぜひ応援のクリックをお願いいたします。

↓ ↓ ↓


2014-11-13 | Posted in ライティング2 Comments » 

関連記事

コメント2件

 エドガー | 2014.11.17 11:37

初めまして、エドガーです。

記事の方読ませてもらいました。文章がとても上手ですね。見ていてすごく読みやすいと感じました。
長文にも関わらず飽きずに最後まで読む事ができました。
おいしいお寿司はたべられたんでしょうか?

お恥ずかしい話ですが。ブログを書くのは得意ではなくて…(笑)この記事の途中の「分かりやすい表現かを決めるのは相手」の様な見出しはどうやってみなさん作って挿入してるんでしょうか。(初心者の質問ですね)

いきなりの質問失礼しました。

またよらせてもらいますね。応援させてください。

 kumanek | 2014.11.17 22:25

エドガーさん

コメントをどうもありがとうございます。
文章を読みやすいと言っていただけるなんて、
とても嬉しいです!
あ、お寿司は今週末行くことになりました♪

そして、ご質問いただいた「見出し」ですが、
私の場合、その記事のタイトルのワードを、
小見出しに入れるように意識して作るようにしています。

でも、私自身、未だに勉強中です。
時間もかかってしまいます・・・

これは、幼い頃に自転車を乗る練習をしたときのように、
感覚を身体にしみ込ませるのが一番だと思っています。

またぜひ質問をいただけると、
私も勉強になるのでありがたいです!

そして、
エドガーさんのブログ、応援させていただきました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

Comment





Comment