自分のブログや記事タイトルの検索結果を見てみましょう!

こんにちは。 よしえです。

1f02c4e64963f6e656638befc9a9c542_m

更新が遅くなってしまい、
申し訳ありません。

早速、前回の続きをお話しします。

「前回ってなあに?」と思った方は、
以下の記事からご覧いただけるとありがたいです。
↓ ↓ ↓
ブログや記事のタイトルの付け方を見直してみませんか?

今回も、少し長くなりますが、
参考にしていただけたらと思います。

 

自分のブログの検索結果、どうなっているかご存知ですか?

タイトルを考える際に
気をつけなければいけないこと。

それをお話しする前に、一つ質問があります。

自分のブログの記事タイトルを、
Googleで検索したらどう表示されるか?

見たことありますか?

これを見る方法があるのです。
(ご存知の方がいらっしゃるかもしれませんが・・・)

調べたいブログのトップページのURLの前に
「site:」を付けて
Googleの検索窓に打ちこむ。

これだけです!

私のブログでもやってみました!
こちらです。
↓ ↓ ↓
kensaku

私は32文字以下のタイトルが多くて、
参考になりませんね・・・

長いタイトルをつけている方で、
「表示がちょっと違う!」
というケースはありましたでしょうか?

 

タイトルの表示にはこんなルールもあります。

では、本題に入りますね。

タイトルを考える際に
気をつけなければいけないこと。

それは、
「32文字以上のタイトルはどこかで省略される」
ということです。

「どこかで」。

ここがポイントです。

今までは32文字に入りきらない、
後半部分が切れていました。

例えば、
「アフィリエイトで成功を大き…」
みたいな表示です。

それが最近では、
ルールが変わっているようです。

ポイントとなるのは
「記号を使っているところ」
です。

記号をたくさん使うと
省略される可能性が高くなるようです。

タイトルに使われている記号は
『半角スペース』
『、』(句点)
『。』(読点)
『!』
『?』
『|』(パイプライン、縦線)
など、いろいろありますよね。

その記号ですが、
Google検索で認識するものと
しないものとがあるのです。

詳細が気になる方は
こちらのGoogleのページを
ぜひご覧くださいね。
↓ ↓ ↓
検索での句読点、記号、演算子

Googleによると、
先ほど挙げた記号は、
検索では認識しないとされています。

が、しかし!

いろいろと検索していたら、
こんなタイトル表示を見つけました。

 

タイトルなのにこんなに省略しちゃうの?

「でFacebookページのいいね!を取り消す方法」

タイトルなのに、
いきなり「で」から始まっていたのです。
前半に何と書かれていたか気になりませんか?

ちなみに、元のページをみてみると、
「」の中に()を入れたタイトルでした。

記号をたくさん使うことで、
その間にあった単語までも
「認識しなくても良い」
と判断された可能性がありそうです。

もしも、この「」と()の中に、
キーワードを入れていたら・・・

その記事を読んでもらう機会が
減ってしまうかもしれません。

 

ということで今回のまとめは
タイトルに記号をたくさん使わない
です。

でも、なぜこちらが設定した通りに
タイトルが表示されないことがあるのか?

結局のところ、
そこがいちばん気になりますよね。

それにはGoogle側に
きちんとした理由があるようです。

もったいぶってしまいますが、
続きは次回にお話しします!

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。
「もったいぶらずに早く記事を書いて!」と思った方。
私が更新せざるを得なくなるよう、
こちらのクリックをお願いいたします。

↓ ↓ ↓

 

 


2014-11-19 | Posted in アクセスアップ, ブログNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment