記事タイトルは重要。でももっと大切なこともある。

こんにちは。 よしえです。

今日もこちらに訪問してくださって、
どうもありがとうございます。

baa2aef24006ee3753cca175c00a3fc1_m

過去2回にわたってお話してきた
ブログのタイトルについて。

今回で3回目となります。

「2回も話してたの?」と思った方、
こちらから読んでいただけると
話の流れが分かるかと思います。
↓ ↓ ↓
1回目
ブログや記事のタイトルの付け方を見直してみませんか? 」
2回目
自分のブログや記事タイトルの検索結果を見てみましょう!

 

記事タイトルの表示が変わるのはナゼ?

検索結果でタイトル表示が変わるのは、
きちんとした理由があるとお話しました。

web制作をする側としては、
タイトルを考えて設定しています。

それなのに
なぜタイトルの表示が変わるのか?

私は気になって仕方がなくなりました。

往復3時間の通勤時間だけでなく、
家でもいろいろ調べました。

「タイトルを変更させないテクニック」
そんな内容のサイトも見ました。

それでも、
なぜかすっきりしません。

そのうちに考え方が変わりました。

「なぜ検索結果のタイトル表示が変わるのか?」
から
「なぜ検索結果のタイトル表示を変えるのか?」
へと。

つまり、
「Googleの考え方を一度知っておこう」
という気持ちになったのです。

そして、
Googleが検索結果について解説しているページはないかと
探し始めました。

 

記事タイトルの表示が変わるのはナゼ?

たどりついたのは、
Googleのヘルプページです。

前々回の記事で紹介したのと、
同じページだったのです。

このページを
改めて読み返してみました。

そして、私が思ったこと。

Googleは、
「ユーザーが探し求めている情報を
きちんと表示させようとしている」
ということです。

調べたいことを検索窓に入力して、
知りたい情報が得られなかったら・・・?

「これなら載ってそう!」
と期待してクリックしたのに、
全然違う内容が書かれていたら・・・?

大切な時間も労力も
ムダになってしまいますよね。

検索したときに、魅力のある内容かどうか?
という判断のためにタイトルがある訳です。

結論としては、
「検索する人の気持ちに応えられるタイトルか?」

これが目安となっているのだと感じました。

冷静に考えてみれば当然ですよね。

 

タイトルはどうしたらいいのか?

Googleの理想は
だんだん分かってきました。

どんなタイトルが良いのかをまとめると
このようになります。

1. 分かりやすいものであること。

2. 必要以上に長くしないこと。

3. キーワードを詰め込まないこと。

4. 同じタイトルを使わず、それぞれのページにあったタイトルをつけること。

検索結果のタイトルが変わっていたら、
一度これらをチェックしてみるのがおすすめです。

 

とはいっても、
参考程度で良いと私は思います。

なぜなら、
タイトル表示を全く変えられないようにするのは無理だからです。

ヘルプページに、
しっかりと書かれていました。

ただし、簡潔かつ具体的に作成された適切なタイトルであっても、クエリとの関連性をより明確に示すために検索結果に別のタイトルを表示することもあります。

ちなみに、「クエリ」とは、
ユーザーが検索するときに入力する
単語やフレーズのことです。

ユーザーが検索した言葉に合わせて
Googleがタイトルを変えることがあると、
はっきり書かれていますね。

Googleは、サイトの情報として、
そのページにあるいろいろな要素を読み込んでいます。

本文にある見出し。

どんなページからリンクされているか?

画像の情報。

本文そのもの。

検索結果には
これらも参照しているのです。

つまり、
中身を充実させることが
求められているのではないでしょうか。

 

「なーんだ、結局それか。」

そう思った方が
いるかもしれません。

検索結果の上位に表示されるように、
テクニックでどうにかしようとしてもムダだよと。

Googleは伝えているのです。

 

 

最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます。
参考になったと思った方はぜひ、
応援のクリックをお願いいたします。

↓ ↓ ↓

 

 


2014-11-22 | Posted in アクセスアップ, ブログ6 Comments » 

関連記事

コメント6件

 その | 2014.11.23 9:45

よしえさん、こんにちは。
そのと申します。

記事タイトル、確かに変わっているときありますよね。

でも、あまり気にしたことはありませんでした。

Googleの用意した場所を使ってビジネスをする以上は、何をされても仕方ないのかなと思っています。(SEOでのペナルティなど含め)

そこでやっていくなら、上手く共存していくしかないですよね。

それでは、また訪問させていただきますね。
今後ともよろしくお願いいたします。

 kumanek | 2014.11.23 12:37

そのさん

こんにちは。

Googleの検索結果がきちんと表示されていなくても、気にしない。
私も、そのさんのようなお考えが大切だと思います。
結果として、検索したユーザーが欲しい情報を得られるのが、いちばん大切だと思います。

またぜひご意見をいただけると嬉しいです。
これからもよろしくお願いいたします、

 エドガー | 2014.11.26 21:56

こんばんは、エドガーです。

結果的に自分が何を意図して記事を書いていて、それをどう伝えようとしているか。それがGoogleとマッチしてることで上位表示が可能になるという事ですね。

そういう意味では僕の記事はちゃんと表示されていなくてもしょうがない気がします。

そこをもう一度見直してみるだけでかわるかもしれませんね。
こうすればこう。という小手先のものではなく、読み手の事を考えて記事を書こうと思いました。

素敵な気づきをありがとうございます。

応援、ぽちり。

 kumanek | 2014.11.26 23:58

エドガーさん

こんばんは。いつもコメントをありがとうございます。
エドガーさんから質問をいただいていたのに、結論となる記事の公開が遅くなり申し訳ありませんでした。
そして、上手くまとめてくださって、恐縮です・・・。

「小手先のテクニックで上位表示をしようとしても、長くは続かない。」
「遠回りのようだけど、記事の中身を充実させることが大切。」
私はこれを強く感じました。

私も応援クリックさせていただきました。
これからも、よろしくお願いいたします!

 TAKU | 2014.11.27 23:11

よしえさん、はじめまして
TAKUと申します。

記事を読んで思わず
「なるほどな~」って感じでした^^

私もタイトルが変わってしまう事に
疑問を持っていましたから
めちゃくちゃ参考になりました。

グーグルの立場で考えれば
当たり前の事だったんですね^^

おかげでスッキリしました。
ありがとうございます!

応援クリックもさせていただきます♪

 kumanek | 2014.11.28 23:17

TAKUさん

TAKUさん、はじめまして!

「検索した人にとって関連が深い情報か?」
Googleはそれを判断して、表示を変えているなんてすごいですよね。

参考になったと言っていただけて、嬉しいです!
しかも、コメントだけでなく応援クリックもしてくださって、どうもありがとうございます。
今後もよろしくお願いいたします。

Comment





Comment