初心者でも大丈夫!デザインの4つの原則でプロっぽくなる

ec07409025d4885a0ea3b64172998e52_m

こんにちは。 よしえです。

以前、ランディングページの
キャッチコピーについて書きました。
↓ ↓ ↓
今回からキャッチコピーの作り方をお伝えします

どうでしょうか?
実際に作ってみましたか?

では、
作ってみてどう感じましたか?

「なんか、素人っぽい気がする」
「あんまりかっこ良くない・・・」

そんなふうに感じていませんか?

もしも、そう感じているとしたら、
自分の感覚だけに頼ってレイアウトや、
配色をしているからかもしれません。

そこで今回は、
デザインを勉強したことがない人でも、
簡単にデザインが変わる4つの基本原則を、
2回に分けてお話ししていきます。

 

初心者っぽくないデザインになる、4つの基本原則

デザインにはルールがあります。
中でも配置(レイアウト)については、
次の4つをおさえておくと良いです。

(1)近接
関連する要素同士を近くに配置してグループ化すること。

(2)整列
各要素をきちんと並べて配置すること。

(3)コントラスト
1つの要素と、それとは違う1つの要素の違いを
はっきり区別させること。

(4)反復
色や形、アイコン等、視覚的に特徴がある要素を
ページ全体を通して繰り返すこと。

では、順番に見ていきましょう。

 

(1)近接

簡単に言うと、
「関連する項目は近づけて、
関連しない項目は離して配置する」
ということです。

ここでは、名刺を例にして比較してみます。

images3

この場合、どちらが読みやすいですか?

上のほうは、情報がバラバラで、
どこからどう読んでいいのか分かりにくくありませんか?

一方、下のほうは、グループに分けています。
こうすることで、それぞれのグループに余白ができます。

この余白には意味があります。

余白があると自然に、
「このグループとこのグループは違う内容なんだ」
と理解できます。

文字がびっしりと詰まったページが読みにくいのも、
このようなまとまりがないためです。

また、視線の流れも上から下へとなり、
読みやすくなります。

私たちの視線は、
「左→右」「上→下」と動くのが自然です。
そのため、この原則を守らないと、
どれだけ良いキャッチコピーを作っても、
無視されることが多いのです。

 

「近接」のまとめ

  • 関連するものは近づけて、関連の薄いものは離す。
  • 関連するものは、グループ化する。

この原則は、デザインの勉強をしていなくても、
ノートや議事録等をまとめるとき等、
自然と使っていませんか?

そのため、きちんと意識して使えば、
今までよりもずっと見やすいページになると思います。

 

(2)整列

ページ上にあるテキストなどを
意識的に左に揃えたり、右に揃えたりしてみてください。

そうすると、目に見えない透明な線があって、
そこに揃えているように見えてきます。

こうすることで、統一感のあるデザインになり、
見る人に認識してもらいやすくなるのです。

image1

整列を意識すると、このようになります。

image2

先ほども説明しましたが、
人の視線は「左→右」に流れます。

そのため、左に揃っていると
安心感や引き締まった印象を与えるのです。

ランディングページのように、
「文章を読んでもらいたい」という目的の場合は、
左揃えが読みやすくておすすめです。

 

実は・・・
「素人は中央に揃える癖がある」
といわれています。

中央揃えはどっしりとバランスがよく見えます。
ですが、気をつけて使わないと、
素人感が丸出しになってしまいます。

整列の基本は、左揃えです。
迷ったら左揃えにしたほうが、
デザインに統一感が生まれます。

 

「整列」のまとめ

  • ページ上の全てのものを意識的に配置する。
  • 整列の基準となる線を考えて、そこにこだわる。
  • ページ上の全ての要素が、視覚的なつながりを持つように意識する。

 

では、今回はここまでです。
明日は残る2つの基本原則について
お話をしていきます。

 

 

今日の内容を読んで
「ちょっと試してみたくなった!」という方。
ぜひ、クリックをお願いいたします!

↓ ↓ ↓

 


関連記事

Comment





Comment